のばらくらぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 季節外れの雪の日のリベンジ

<<   作成日時 : 2016/12/11 23:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

11月24日に、関東地方に季節外れの雪が降った日は、

ちょうど、ランチ会を予定していた日でした。

残念ながら、キャンセルして、また近いうちに・・・・

ということにして、皆の予定が会う日が、12月8日でした。



このランチ会は、11月に旅行したメンバーで、反省会(?)

と写真交換会兼ねたものでした。

ちょっと日にちが経ってしまいましたけど。



この日のランチは、隠れ家的フレンチ食堂、ベルイル

赤いドアが印象的な、小さなレストランです。


画像



12,3人で一杯になってしまうような、小さなお店ですが

内装も手作り感に溢れていて、落ち着く雰囲気です。

トイレの中も手作り小物が飾ってあって素敵でした。  

写真は撮れなかったけど・・・スマホ持って入らないですものね。




********


ランチメニューは、コースが2種類あり、お値段が違うのですが

お得な方の¥1380にしました。


まずは、サラダのプレート


画像



その次はキャロットスープ。  ニンジンはこの当たりの名産物

画像


メインはお魚か、お肉で選びます。

こちらはお魚、鯛のポワレ、お野菜の付け合わせが彩よく、美しいです。

画像



お肉の方は、ハンバーグでした。ボリュームたっぷりで、

中にも野菜が入っているようでした。


画像



後は、食後のコーヒーが付いてます。


美味しかったです。 席が少ないので、予約しないと入れない可能性あり。



旅の反省会(?)では、気仙沼の話題になり、

メンバーの一人が、「気仙沼ニッティング物語」という本を見つけてきて、

私も読ませてもらったので、次の人へと回し読みすることになりました。



これは、震災後、気仙沼で手編みニットの会社を始めたいきさつが

書かれている本です。 気仙沼は遠洋漁業の街なので、海外に開かれて

いて、人々が明るいという印象を受けました。  そして、猟師の奥さん達が

よく編物をしていて、編物が上手な人が多い。

毛糸づくりから始めて、編み手を見出し育てて、極上の1枚のアラン模様の

カーディガンを編み上げ販売する。・・・・という会社の始まりの物語です。


被災地での起業という事だけでなく、一つの会社を興すまでの奮闘が

よく書かれていて、勇気をもらう物語でした。



もう一つ、気仙沼のゆるキャラ、ホヤぼーやのイラスト入り

ワンカップ酒をメンバー皆におすそ分けしてくれました。


画像





下に敷いてある刺し子のふきんは、お母様作。

沢山作っているので、それもおすそ分けしてくれました。


ホヤぼーや、って坊やなのにお酒のカップに印刷されちゃって

いいの??・・・なんてツッコミは野暮かな・・・

気仙沼PRのために頑張っています。  なかなか可愛いキャラです。



*********



先日の、音訳ボランティアの続き・・・・・


新聞の記事を少し差し替えて、一部録音しなおして、

出来上がりました。  もう一度校正をお願いして完成です。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
季節外れの雪の日のリベンジ のばらくらぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる