のばらくらぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 上水小橋から小金井公園まで

<<   作成日時 : 2017/04/12 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

さてさて、サイクリングのつづきですが・・・・


野火止用水をさかのぼって、玉川上水の取水口まで来ました。


画像


玉川上水は、元々は羽村取水堰から多摩川の水を引いて、

江戸の四谷まで流れていて、小平監視所で野火止用水へ

分岐していました。

しかし、昭和40年頃から、水道施設としての利用がなくなり

空堀状態になっていたものを、昭和61年の東京都の

清流復活事業により、下水の再生水が流されるようになって、

玉川上水の水流が復活しました。

そしてこの水が、今はここから野火止用水に分水されています。


その復活事業により、きれいな再生水が岩の間から流れてくる

様にしたところがあり、水の近くまで降りられるようになっています。



画像



ここは上水小橋という所で、橋というかデッキのようになっています。


そんなところに、青大将がいるのを見つけました。

画像


「青大将を見るとお金が貯まるとか、縁起がいいって言うじゃない?」

とSさん。  そういえば、実家でよく母が「青大将がいた」

と言ってたな・・・・

田舎ではネズミなど獲ってくれる、身近な生き物だったのかな?


丁度ハイキングに来ていた、我々より年上グループの人達のひとりに

「あれ、青大将ですかね?」というと、「ああ、そうだ、暖かくなって

きたから出てきたんだ」と言って、ほかのメンバーにも知らせて、

わいわい盛り上がっていました。



大きな鯉も泳いでいます。水が光って見にくいですが・・・


画像



ここから下流に玉川上水が流れています。


画像



この辺りでは、お昼を食べる所がなさそうだったので、

チョットだけおやつを食べて、上水を下流方向に向かって

鷹の台辺りまで行くことにしました。


今までは、野火止用水をさかのぼっていたので、道がやや登りでした。

それで最後は大変だったのだけど、今度は玉川上水を下るので

道が下っていて、楽になりました。


さすがに玉川上水は堀が深く、幅も広い。 掘削の鍬のあともわかる

護岸です。自然の木立がつづいています。


画像




脇の道が整備されて続いていて、

右岸を行ったり、左岸を行ったりしながら、鷹の台まで来ました。

駅前でお昼が食べられそうなところを探してウロウロし

踏切近くのお蕎麦屋さんに寄りました。


中に入って時計を見ると、13時半近く。 お腹空いた!!


ここでエネルギー補給して、最後に目指すは小金井公園です。


上水小橋〜小金井公園の中間地点が鷹の台あたりだったので、

道も下りだし、あとちょっと。    桜で有名な公園なので

桜をめざしていきました。



公園到着、14時40分。

西口から中に入ったところに、小金井桜の看板があります。


画像


江戸時代に玉川上水の護岸にヤマザクラが植えられたそうです。

人々がお花見に来ることによって、護岸が踏み固められて

しっかりする・・・という効果と、桜の花びらが水を浄化すると

考えられていたようです。


その中でも小金井桜は有名だったそうで、いまも小金井公園は

桜の名所です。  枝ぶりが見事で、写真に切り取っても絵になる


画像



もう少し奥の、江戸東京たてもの園のまえの広場に

大勢のお花見客がいました。 満開です


画像



画像



せっかく来たので、たてもの園の中にも入りました。

丁度、どこかの大学の男子学生の団体が、見学に入るところでした。


移築された建物の写真を一部ご紹介します。


建築家、前川國男邸( 昭和17年築)  中は山小屋風の吹き抜けで、

素敵です

画像


茅葺の農家もあります   中は広い土間があったり、竈が

あります。 綱島家(江戸中期)


画像


2.26事件で青年将校に襲われた、高橋是清邸(明治後期)

画像



さらに奥の方には、昔のお店が街並みのように連なっています。


画像

画像



昭和初期頃の店屋の建物がいろいろ

乾物屋、大和屋本店

画像
画像


醤油屋 小寺醤油店、

画像



旅籠屋は江戸末期〜明治初期の建物で、中に入ると

まるで時代劇に出て来そうな板敷の間があります。

画像



一番奥にあるのは、千住の銭湯、子宝湯

入り口が神社みたいに重厚です。

画像



脱衣場の天井も神社仏閣の天井みたいな格天井です。

画像



銭湯といえば富士山ですね。

画像


そして、番台です

画像





さて、そろそろ帰りの時間が気になってきました。

たてもの園を出て、公園にはまだお花見客が大勢いましたが、

残りのおやつを食べて、水分補給して、16時

夕方に向かい風が少し寒くなった来たので、脱いでいたジャンパーを

着て、さあ、帰りましょう。



帰り道は小金井街道を北上し、清瀬で志木街道に右折する

解りやすいコースです。 とはいえ距離はありますね。


それでも、少し下り道なので、登りを帰るよりは楽です。

とにかくひたすらにSさんの後ろを追って、自転車をこぎました。



小金井街道の朝来た時の交差点を通り、清瀬市内に入ると

歩道が狭く、車道を行きましたが、ちょっと危ないかな?

でもそこだけで、街道筋は歩道があるので、

自転車は行きやすいです。


清瀬の郵便局のところで右折して、志木街道に入ります。

そこから関越自動車の上を通り、川越街道にぶつかるまで、

ただひたすら自転車をこぎました。



川越街道の野火止交差点についたのは、17時15分

そこから家まであと2.5qくらいですが、途中、スーパーに

寄って、Sさんと別れて、家に帰りました。


地図上で距離を測ったら、新座駅から野火止用水の分水(上水小橋)

まで、約17q、玉川上水を小金井公園まで、約8q、

小金井公園から、清瀬の郵便局まで約7q、

新座駅まで約5q、 全部で約37qでした。





さすがに疲れました。 疲労回復に2〜3日要しました。

ママチャリでガンバリましたね。


次回はもう少し寄り道しながら行かれるコースにしましょう。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上水小橋から小金井公園まで のばらくらぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる